WordPressの長所と短所Webサイトを構築する上で強い人気を誇るCMSとして有名なWordPress。その一方で、CMSで構築していくシステムを管理していくのは少しハードルが高いというようなお話も聞こえてきます。そこで、今回はWordPressの長所と短所を自分なりにまとめてみました。

WordPress(ワードプレス)の長所

  1. HTML・CSSを知らなくてもブログ感覚で更新が可能
  2. デザインテーマのインストールで、簡単にデザインの変更が可能
  3. プラグインが無数で、機能の拡張が無限大
  4. 商用利用でも無償で利用でき、ライセンス料の必要がない
  5. static(静的ページ)とdynamic(動的ページ)を同時に扱う事ができる

WordPress(ワードプレス)の短所

  1. 何かトラブルが生じた際、正式なサポートがあるわけではない為、ネット上でさまざまな人が公開している情報や書籍などの情報を元に自力で解決しなければならない。
  2. PHPを利用している為、全てのページが動的に処理されるので多少は重く感じるかもしれません。
  3. ホームページ初心者がインストールして管理していくのはちょっとハードルが高い。
  4. プラグインやテーマなど海外のものが多いので、英語の理解が難しい人には少し疲れてしまうかも。

私が実際に使ってみて感じた長所と短所は簡単にまとめると上記のとおりです。それでは、WordPressの長所についてのみ以下で詳しく書かせて頂こうと思います。

1. HTML・CSSを知らなくてもブログ感覚で更新が可能

WordPress(ワードプレス)の更新はブログを更新する際の作業とほとんど変わりません。最初にサイトを制作する時や、テーマをカスタマイズするのには多少ハードルが高いかもしれませんが、ひとたびサイトを構築してしまえば、更新は簡単に行うことができます。ですので、頻繁に更新するサイトを構築したい場合、WordPressの利益を最大限に享受することができるのではないでしょうか。

2. デザインテーマのインストールで、簡単にデザインの変更が可能

WrodPress(ワードプレス)のデザインテーマは世界中の人々が制作し、日々生まれております。無料で配布されているものも多く、それらをインストールし適用するだけでデザインを簡単に変える事が可能です。詳細なカスタマイズをする際には、PHP言語やHTML・CSSの知識も必要になりますが、配布されているデザインテーマをそのまま利用するのであれば、これらの知識は必要ありません。分かり易く説明するならば、携帯電話の着せ替えをダウンロードする事で、待ち受けやメニュー画面等のデザインを簡単に変えることができるようになるのに近い感覚かと思います。

3. プラグインが無数で、機能の拡張が無限大

さまざまなプラグインがあります。これらのプラグインは、管理画面から検索し自動インストールする事で簡単に使えるようになり、とても便利です。例えば、標準でインストールされているAkismetは、投稿に対するコメントのスパムを除去するプラグインです。無料でも利用することができ、とても高性能なプラグインです。また、通常のウェブサイトでメールフォームなどを設置する場合、PHPなどのサーバーサイドプログラムが必須になります。ですので、PHP等を理解し書くことができない人は、自力でメールフォームを作成することはできません。しかし、WordPressはこれをプラグインで実現できてしまうのも魅力の一つです。他にもさまざまなプラグインが用意されており、機能の拡張が無限大に広がっています。

4. 商用利用でも無償で利用でき、ライセンス料の必要がない

WordPress(ワードプレス)がこれだけ世界中に広まり、急激に人気が上昇した最大の理由がここにあると思います。商用利用に高いライセンス料がかかるCMSも多い中、WordPressは無料で利用できます。これが世界中で気軽に利用されるきっかけとなり、また利用者が増えた事でプラグインやデザインテーマなどを制作する人もまた増えたのだと思います。これらの利用を無料にする事で、そこについてくる付加価値をビジネスにすることも可能になりました。WordPressが無料である限り、この発展は続いていくものと思われます。

5. static(静的ページ)とdynamic(動的ページ)を同時に扱う事ができる

通常の企業サイトには、多くの場合トップページの他に会社概要やサービスの紹介、採用情報のページなどさまざまなページが存在すると思います。これらの多くのページは日々更新を必要とされる事も少なく、固定の内容をずっと掲載していることが多いかと思います。こういった固定のページの事をここではstatic(静的ページ)と呼びます。 また例えば、日々行われるイベントの活動報告のようなページをサイトの中に組み込むとします。こういうページは日々の更新が多く、新しい内容がページの上の方に表示され、ページの新鮮度を感じられる必要性が高まります。こういったページをdynamic(動的ページ)と呼びます。 これらの両方の要素のページを混在させる事で、企業サイトなどでも幅広い利用が可能となりました。

以上です。WordPressは非常に優れたCMSだと思いますので、私自身はこれからもどんどん使っていきたいと思っております。その中で、機会があれば現在導入している優れたプラグインの情報などもご紹介できればと思っております。